会社員として仕事をしている方ならば、ビジネスマナーを身に着けておくことは非常に大切です。何気ない挨拶から普段の仕事上でのやり取りまで含まれており、その中には名刺交換を行うようなシーンもあります。法人の場合では各会社員に名刺を用意することが必要とされている職場が多く、名刺はビジネス上で非常に大切なアイテムの一つになるので、名刺交換を行う方法として、その手順などをしっかりと事前に把握しておくことが大切です。特に取り引き先などに出向くようなシーンの場合では、相手先に失礼のないように十分に配慮することが必要になり、会社の質というものが問われてしまう可能性もあります。そのため、しっかりとした基本マナーを知っておく方法で、失敗してしまうことがない挨拶を行うことができ、ビジネスマンとして成長することができます。

相手先法人に訪問した際に行う名刺交換の方法

商談などを行うことが必要になる方も多く、特に営業スタッフとして法人に勤務している方であれば、毎日のように仕事として行っていることになります。取り引き先に出向いて名刺交換を行うようなシーンでは、相手側の方が本人よりも年齢が若いと判断できた場合でも、必ずこちら側から名刺を渡すことがビジネスマナーです。その際には名刺の左上の隅を持ち、軽く右手を添えて相手側に向けて名刺を渡す方法が一般的です。商談を行う場合では、テーブルに着席する場面がありますが、このようなシーンでは、名刺を机の右端などに席順に合わせて並べておく方法で、間違いのない交換を済ませることができます。交換の際には軽く会釈をしながら挨拶を述べることも大切になり、第一印象を良好にする方法で、円滑なお付き合いをすることができるようになります。

名刺を受取る際に大切になる行動について

名刺交換を行う場面では、上司が同行している場合もあります。このケースでは必ず上司が交換を済ませてから、本人が交換することが必要になり、順番というものがビジネスマナーに存在しているので、注意したい点になります。受け取る際にも上司から受け取ることが基本になり、マナーを逸脱した行為は避けることが賢明です。受け取る場面では、相手側にきちんと身体を向けてから、名刺の両側を両手でしっかりと持ちながら、受け取る行動を行うことも一般的です。片手で受け取ってしまう行為に関しては、失礼にあたってしまうので、事前に把握しておくことが大切です。その後は名刺をケースなどに収納する場面もありますが、相手側の特徴などを裏側に記載しておく方法で、忘れてしまうことのない人物にすることができるので、おすすめの方法として推奨できます。